FAXでもご注文いただけます。077-535-6894

Blog

2019/05/09 16:02

「今、幸せですか?」「10年先も幸せですか?」


こんな話があります。

「今、幸せですか?」こう聞かれて、

幸せですと答える人は、10年先に同じことを聞かれても、幸せです。

と答え、幸せでないと答える人は、10年先も幸せでないと答えるそうです。

長年の統計の結果だそうです。

結婚や収入は関係ないそうです。


「人は見たいものを見て、見たくないものを見ない」


わたしたちひとり一人は、見ている世界が違います。

今を幸せと感じる人は、物事を幸せと感じられるような見方をします。

不平や不満、不安を抱える人は、物事を不平や不満、不安に感じられるような見方をします。

花が好きな人は、路傍の花にも気づき、そうでない人は、ないものとして気づかない。

このことと同じようなものです。



人は、自分が見たいものを見て、見たくないものは見ません。

無意識に見る対象を選択しています。

現象的には、同じことでも、見る人の意識でその受け取り方は、全く違うものになります。

コップに半分水があった時、「半分しかない」、「半分もある」、この見方に似ています。



「あなたは、ヒカリである」



ヒカリの肖像画は、HIDEKIを通して描かれる、人のヒカリをカタチにした作品です。

人の奥底、ヒカリの姿は、誰もが美しく、多様性に満ちています。

その一面を描いたものが、ヒカリの肖像画です。



ヒカリの自画像は、人の内なるヒカリの一面を描き出したものです。

描き出された、絵には、歓び、楽しさ、美しさ、様々なヒカリがあります。

そのヒカリは、どなたにもあるヒカリです。

それぞれに輝き方が違います。




 自分のヒカリを認める、受け入れる。

とても大切なことです。

そうすることで、愛のヒカリの中で生きることにつながります。

意識をあなた自身のヒカリにフォーカスすることで、ヒカリがヒカリを引き寄せていきます。

エネルギーは、共鳴します。

自らの存在の幸福は、モノの見方に変化をもたらします。

全てにあるヒカリに、フォーカスしながら生きることが可能となります。

「幸せである」とはっきり言うことのできる、あなたの真実となります。



 「幸せでありたい」そう願う方に、ヒカリの自画像が感覚的な変化をもたらします。

自らのヒカリを認めること、美しさを認めること。それが、幸せの感覚的基盤をもたらすことでしょう。

「幸せである」ことへ近づいていくことでしょう。


すでに幸せであるという事実に気づくことが大切です。


 
HIDEKIの感覚世界では、みんながヒカリの存在であることが事実なのです。

だからこそ、ヒカリの肖像画が生まれるのです。



あなたの内にすでにある、幸せなヒカリの世界を事実として選択することで、

歓びは、幾重にも広がっていきます。



ヒカリの肖像画は、幸せな生き方を選択する、ひとつの入り口です。

あなたの美しさ、素晴らしさを感じることで、あなたの世界の事実としてください。

存在としての歓びがあなたの真実となれば、目に映る世界は、全てが歓びのきっかけになります。

そして、それは幾重にも広がっていきます。



エネルギーは、共振、共鳴します。